お問い合わせ

役職員のご紹介プロフィール

Profileプロフィール

主任研究員
田中 未央里(たなか みおり)

主な研究テーマ

母乳中の栄養素及び生理活性物質測定方法の開発・評価
機能性食品成分による生活習慣病予防作用機構の解明

職歴

2016年08月お茶の水女子大学生活科学部 アカデミック・アシスタント(~2017年3月)
2016年09月日本大学生物資源科学部 非常勤講師(~2019年2月)
2018年04月日本学術振興会特別研究員 DC2(~2019年3月)
2019年04月東京農業大学応用生物科学部食品安全健康学科 嘱託助教(~2021年9月)
2021年10月一般財団法人日本財団母乳バンク 主任研究員

学歴

2014年03月お茶の水女子大学生活科学部食物栄養学科 卒業
2016年03月お茶の水女子大学大学院人間文化創成科学研究科博士前期課程ライフサイエンス専攻 修了 修士(生活科学)
2019年03月お茶の水女子大学大学院人間文化創成科学研究科博士後期課程ライフサイエンス専攻 修了 博士(学術)

資格・免許

管理栄養士、栄養教諭(一種)、甲種危険物取扱者

所属学会

日本栄養・食糧学会、日本母乳哺育学会、日本分子生物学会、日本機能性食品医用学会、日本フードファクター学会

論文

  • Tanaka M, Fujii S, Inoue H, Takahashi N, Ishimi Y, Uehara M: (S)-Equol is More Effective than (R)-Equol in Inhibiting Osteoclast Formation and Enhancing Osteoclast Apoptosis, and Reduces Estrogen Deficiency-Induced Bone Loss in Mice: J Nutr: in press: 2022
  • 水野克己、三浦久美子、伊藤瑞穂、伊達緑、田中未央里、田中麻里、水野紀子、神谷太郎:母乳バンクから提供されるドナーミルクの母乳成分分析に関する検討:日本母乳哺育学会雑誌:in press:2022
  • Inoue H, Arakawa K, Tanaka M, Katsumata-Tsuboi R, Takahashi N, Uehara M: Upregulation and stabilization of senescence marker protein-30 by epigallocatechin gallate against tert-butyl hydroperoxide-induced liver injury in vitro and in vivo: J Clin Biochem Nutr: 68(1): pp 51-57: 2021
  • Inoue H, Hanawa N, Katsumata SI, Aizawa Y, Katsumata-Tsuboi R, Tanaka M, Takahashi N, Uehara M: Iron deficiency negatively regulates protein methylation via the downregulation of protein arginine methyltransferase: Heliyon: 6(10): e05059: 2020
  • Tanaka M, Sato A, Kishimoto Y, Mabashi-Asazuma H, Kondo K, Iida K: Gallic acid inhibits lipid accumulation via AMPK pathway and suppresses apoptosis and macrophage-mediated inflammation in hepatocytes: Nutrients: 12(5): 1479: 2020
  • Tanaka M, Sugama A, Sumi K, Shimizu K, Kishimoto Y, Kondo K, Iida K: Gallic acid regulates adipocyte hypertrophy and suppresses inflammatory gene expression induced by the paracrine interaction between adipocytes and macrophages in vitro and in vivo: Nutr Res: 73: pp 58-66: 2020
  • Iwashima T, Kudome Y, Kishimoto Y, Saita E, Tanaka M, Taguchi C, Hirakawa S, Mitani N, Kondo K, Iida K: Aronia berry extract inhibits TNF-α-induced vascular endothelial inflammation through the regulation of STAT3: Food Nutr Res: 63: 3361: 2019
  • Taguchi C, Kishimoto Y, Takeuchi I, Tanaka M, Iwashima T, Fukushima Y, Kondo K: Estimated dietary polyphenol intake and its seasonal variations among Japanese university students: J Nutr Sci Vitaminol: 65(2): pp 192-195: 2019
  • Tanaka M, Kishimoto Y, Sasaki M, Sato A, Kamiya T, Kondo K, Iida K: Terminalia bellirica (Gaertn.) Roxb. extract and gallic acid attenuate LPS-induced inflammation and oxidative stress via MAPK/NF-κB and Akt/AMPK/Nrf2 pathways: Oxid Med Cell Longev: 2018: 9364364: 2018
  • 岸本良美、竹中沙織、才田恵美、鈴木(杉原)規恵、田中未央里、田口千恵、鈴木惠美子、近藤和雄:LDL酸化ならびに肝脂質蓄積に対するゴボウの抑制作用:機能性食品と薬理栄養:11(2):pp 89-96:2017
  • Taguchi C, Kishimoto Y, Fukushima Y, Saita E, Tanaka M, Takahashi Y, Masuda Y, Goda T, Kondo K: Dietary polyphenol intake estimated by 7-day dietary records among Japanese male workers: evaluation of the within- and between-individual variation: J Nutr Sci Vitaminol: 63(3): pp 180-185: 2017
  • 田口千恵、岸本良美、福島洋一、才田恵美、田中未央里、近藤和雄:野菜・果物からのポリフェノール摂取量の季節差に関する検討:日本栄養・食糧学会誌:70(1):pp 17-22:2017
  • Tanaka M, Kishimoto Y, Saita E, Suzuki-Sugihara N, Kamiya T, Taguchi C, Iida K, Kondo K: Terminalia bellirica extract inhibits low-density lipoprotein oxidation and macrophage inflammatory response in vitro: Antioxidants: 5(2): 20: 2016

総説・解説記事他

  • 井上博文、勝間田真一、勝間田(坪井)理恵、田中未央里、高橋信之、上原万里子:鉄欠乏状態における骨脆弱化とビタミン代謝変動:Medical Science Digest:47(3):pp 50-51:2021年3月

受賞歴

2018年12月第16回日本機能性食品医用学会総会 優秀演題賞
2018年11月平成30年度お茶の水女子大学食物学奨学金
2018年03月第18回国際動脈硬化学会学術会議トラベルグラント
2017年11月第24回日本未病システム学会学術総会 優秀演題賞
2016年12月第14回日本機能性食品医用学会総会 優秀演題賞
2014年11月第21回日本未病システム学会学術総会 優秀演題賞

競争的資金等の獲得実績

「食品因子の新たな骨破壊予防戦略:肥満に伴う破骨細胞分化とアポトーシス制御」
日本学術振興会 学術研究助成基金助成金 若手研究(2021年4月~2024年3月)

 

「AMPKを介した食品の新たな破骨細胞分化制御機構の解明」
公益社団法人日本栄養・食糧学会 栄養・食糧学基金若手研究助成(2020年5月~2021年3月)

 

「エクオール鏡像異性体の骨代謝制御メカニズムの解明と有効性評価」
日本学術振興会 学術研究助成基金助成金 研究活動スタート支援(2019年8月~2021年3月)

 

「肥満に伴う炎症性肝疾患に対する没食子酸の新規改善メカニズムの解明」
日本学術振興会 科学研究費補助金 特別研究員奨励費(2018年4月~2019年3月)

Contact母乳を必要としている
赤ちゃんがいます。
⽇本では年間5,000人の早産・極低出⽣体重の
⾚ちゃんが⺟乳を必要としています。